ペイントブログ

どうも、30代で父になる予定の男です。好きな映画から雑談、お役に立ちそうな私の経験等をブログにしています。

花粉は自信は悪くない?実は「環境汚染」が花粉症を引き起こす原因かも、、。

今週のお題「花粉」

 

最初に告白しておきますと、私は花粉症ではございません。

 

だけど、いつ花粉症が発症するかヒヤヒヤしております。

だって、職場で花粉症の人を見ていると、、ね?辛いの一言でしょ。

 

ということで、最低限花粉症の基礎知識は身につけて、対策できるところは対策しておかないと!

と思い花粉症を、調べてみると、何やら花粉症の原因って人間側の罪でもあるようです、、。

この点をお話しできればと思います。。

 

ちなみに記事の最後には花粉にまつわる映画も少しご紹介させていただきます!

 

目次

 

 

花粉の種類

まずは基礎データから調べましょう。関西版の花粉が飛ぶ時期の表が下記となります。といってもエスエス製薬さんのサイトから拾ってきたものですが、、。

f:id:paintster:20210307103650p:image

引用:花粉の時期はいつから・いつまで?花粉カレンダー|アレジオン【エスエス製薬】

 

一番厄介そうなのは「スギ花粉」みたいですね。

 

地域によって種類と量は異なるようですが、北海道と沖縄を除くほぼ全ての地域で「スギ花粉」が厄介者。

 

ということで、今回はスギ花粉にフォーカスしましょう。

※フォーカスする:今回の使い方としては「スギ花粉しか調べませんよ」という意味です。ただかっこよく言いたかっただけです。

 

スギ花粉

まず最初に、この記事ではお偉い方が作られたサイトを参考にして、私の見解を述べています。

つきましては、個人の見解ですので参考までに留めていただくよう、お願いいたします。

参考サイト①国立環境研究所:花粉症(2)「なぜこんなに増えているのか?」|ふしぎを追って|国立環境研究所

※よく見ると2006年の記事ですね。

参考サイト②厚生労働省:はじめに 〜花粉症の疫学と治療そしてセルフケア〜|厚生労働省

 

では本題に、、

 

「スギ」も繁殖したいので花粉を飛ばします。ただし、花粉飛ばすことにおいて、他の人の迷惑になってはいけません。

 

スギがこう考えているかは分かりませんが、花粉は堅固な殻に覆われていて、ちょっとやそっとじゃ壊れない構造になっています。迷惑をかけないよう、努力はしているんでしょうかね。

 

ただし、人の粘膜に付着すると残念ながらこの殻は壊れてしまうようです。参考サイトには、この現象によって花粉症が発症してしまうと記載があります。

 

詳細は厚生労働省のサイトにも記載しています。

ですが、このサイトは解らせる気ないだろってくらい難しいので詳細は割愛。。大体は上記の認識でいいんじゃないですかね。

 

それよりも、花粉症が発症するには、もう一つ「原因」があるようです、、。

 

花粉症。実は人間が原因?

f:id:paintster:20210308122554j:image

国立環境研究所のサイトにこのような記載がありました。

 

「花粉が都市部で浮遊する間に大気中のいろいろな化学物質を表面に吸着して汚れいていると、鼻でアレルギー反応を起こしやすくなるという説があります。」

 

これって、、、スギ自身は予想していなかったことでよね。

完全に「環境汚染」つまりは「人間」が原因、、、。

 

ちなみにこちらの記事にも似たことが書かれています。

https://www.mirai-kougaku.jp/eco/pages/150727.php

 

このサイトによれば、花粉症の原因自体は、スギ花粉そのものに含まれるアレルゲン物質ですが、アレルゲン分泌を大気汚染物質が助長しているとのこと。

 

つまり、花粉症が年々ひどくなる的なことを聞きますが、これは人間自身が引き起こしている環境汚染が原因とも考えることができます。

 

うーん、悲しいけど花粉症にかかりやすくなるのは諦めるしかないのかな、、、。

 

そんな時代を暗示させる映画

では最後に映画紹介を、、、

映画「リトル・ジョー」はご存知でしょうか?

https://amzn.to/38gAzEc

 

この映画は幸せを与えてくれる「花」の物語です。 

 主人公はその「花」を育て始めるのですが、周囲の人及び犬の様子がおかしくなってきます。

そして主人公はその原因が「花」の「花粉」にあるのではないかと疑い始める。。。

というお話しです。

 

と言っても実は私まだこの映画見ていないのです。。「それだったら紹介するな!」って感じですね、すみません。。

 

でも前から気になっていた映画であり、今回花粉がテーマと言うことでご紹介させていただきました。

 

ただ、一つ語らせていただくと

人が作り出した物(この映画では花、今回の記事では環境汚染)は自然の摂理を狂わせ、いずれ人体に悪影響を及ぼしてしまう。

そんなことがこの映画には表現されているのかもしれませんね。。違ったらごめんなさい。

 

ちなみにこの映画、私が好きな俳優さん「ベン・ウィショー」が出演しています。色男ですね。下記に紹介記事のリンクを貼っておきますので、ご興味があればご覧ください。

paintster.hatenablog.com

 

 

皆さん、スギ花粉自体を恨み続けても花粉症は治らないかもしれません。

 

どちらかと言うと環境のことを考えていくことで、花粉症の症状は緩和するかもしれませんね。

 

もちろん個人ではどうにもならないかもしれませんが、、、。