ペイントブログ

どうも、30代で父になる予定の男です。好きな映画から雑談、お役に立ちそうな私の経験等をブログにしています。

映画友達は大切に

f:id:paintster:20201228010754j:image

昔私にも友達がいた時の話をさせてください。

 

目次

 

 

映画選び友達

私が高校生だった時です。

ラグビー部で練習漬けの毎日、

私はその中でも映画を見続けていました。

 

練習終わりにTSUTAYAに行き、

見たい映画を選び続ける。

映画の選び方は下記のブログをご確認ください。

 

paintster.hatenablog.com

 

 

こんな孤独な活動、なんで続けられたのか、、

それは一人の友達の存在だったのかもしれません。

 

その友達も同じラグビー部。

同じくフォワードでフランカー

クラスも同じだったので結構喋る仲でした。

 

いつぞやその友達も映画が好きということがわかり、

いつの間にか借りた映画の良さを語る中に。

 

今は一人孤独

そんな友も、今はどこで暮らしているのやら、、

私は今、孤独に映画の面白さを語っています。

 

とはいえども、映画は相性もあるので

100人の映画好きと100人とも仲良くなれるかと言われると

そうではないと思っています。

 

そう思うと貴重な友達だったな、、、。

 

良い映画に出会うために

人に面白いよって言われた映画、

あなたは見ていますか?

私はよっぽどのことがないと見ていません。

(ならこんなブログ続けるなって感じですね、、スミマセン)

 

理由がありまして、

人によって好みが違うからです。

 

つまり、おもしろいと思っている点が違うんです。

ですので紹介してもらった映画は警戒してしまうんです、おそらく。

 

その点で高校生時代の友達は

好みが同じでサスペンス好きだったので

色々と楽しく語り会いました。

そして面白そうな映画を

教えあったりしていました。

 

でも、、この楽しい時間から、

私の知らない良い映画には出会えた思い出がありません。

 

そう、

良い映画に出会うためには

好みが合わない人からのオススメも

見て行った方がいいんです。

 

実際私は妻と好みが合いません。

でも最近妻が好みの推理もので

犬神家の一族

を見たのですが、少し邦画も面白いんだなと感じることができました。

※そんな犬神家の一族は下記のブログで紹介させていただきました。

 

paintster.hatenablog.com

 

 

楽しい思い出

 それでも気の会う友達との映画談義は素晴らしい思い出です。

後にもこの友達が一番の映画友達でした。

 

「新しい映画との出会い」と「楽しい映画との時間」は

切り離す必要があるのかもしれません。

 

そんなことを思う今日この頃です。